バスに乗るとよくおばあちゃんに話しかけられます

私は車の運転が苦手なこともあって、少し遠い場所への移動にはバスを使います。

住んでいるところからは比較的バスの運行が多いほうで、15分に1回くらいのペースでバスが来ます。

なのでそこまで不便に感じることはありません。

私は今小さな赤ちゃんを育児しているので、バスに乗る時には必ず赤ちゃんと一緒にバスに乗り込みます。

赤ちゃんとの移動にはどうしても荷物が増えてしまい、いつもバスに乗る時にはそれなりの座席スペースが必要になってしまいます。

先日バスに乗り込んだところ、ちょうどバスが混雑しており座席が一つしかありませんでした。

赤ちゃんを抱っこ紐で抱っこしている状態だったので、立っているのは危険だと思い、座席が一つしかなくても座ることにしました。

そして大きな荷物は足元に置いておこうと思ったのです。

その時、ちょうど隣に座っているおばあちゃんが、赤ちゃんがいて大変だね、荷物持ってあげようか、と声かけてくれたのです。

とても嬉しかったのですが、さすがにご迷惑をかけると思い丁寧にお断りしたのですが、

おばあちゃんはやはり気になるようで遠慮しないで私の足元においてちょうだい、と言ってくれました。

そんな親切心がとてもうれしくて、今回はお願いすることにしました。

その後は赤ちゃんの話、おばあちゃんのお孫さんの話、育児の話で盛り上がりました。

見ず知らずの人とこんなにお話しする機会などなかなかないので、とても温かい、有意義な時間が過ごせました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です